吸入器はどんな特徴がある?

吸入器とは、主に呼吸器系の疾患を持つ患者が薬剤の吸入をしたり、スチームの吸入をしたりすることで、その症状の緩和を図る医療機器です。薬を気管支に届ける方法は、おもにpMDI(加圧噴霧式定量吸入器、ガスの圧力で薬剤を噴射する)、DPI(ドライパウダー定量噴霧器、自分で粉末型の薬剤を吸入する)、SMI(ソフトミスト定量吸入器、吸入液をゆっくり噴霧する)に分かれています。また、吸入を補助するための器具もあります。

pMDI(エアゾール製剤)の特徴について

・薬剤を噴霧するため、強く吸い込まなくても吸入できる
・噴霧とタイミングを合わせて吸い込むため、慣れが必要
・スペーサーや補助器具を使うことで、より簡単な吸入が可能

DPI(タービュヘイラー)の特徴について

・下部グリップを回すことで薬剤を充填する
・薬剤の粒子が非常に小さいので、肺によく届く
・吸入口がくわえやすい

SMI(レスピマット)の特徴について

・ガスを使用せずに、液体を細かい霧状にして噴射する
・噴射時間が長いため、比較的簡単にタイミングを合わせられる
・最初のセットおよび操作時にある程度の力が必要

以上は人気がある吸入器の特徴を紹介しました。もし、興味がある方はこちらでご覧下さい。