喘息用吸入器の種類について

吸入器とは
吸入器とは、主に呼吸器系の疾患を持っている患者が薬剤やスチームを充分に吸入するために、作られる医療機器です。大きく分かれると、吸入器はネブライザーとスチーム吸入器という二種類があります。

喘息用吸入器の種類
喘息とは、気道に炎症が起き、気流制限と気道過敏性症状に基づく呼吸器系の病気です。喘息が発作するとき、呼吸が難しくなることは一番代表的な症状と認められています。喘息の治療について、吸入器が必要だと認められています。吸入とは粒子の細かい薬剤を吸い込んで、肺の奥深くまで届かせることをいいます。そうする事で気管支の攣縮を抑え、喘息発作を改善する事ができるのです。

喘息用吸入器は、だいたい2種類があります。即ち、気管支拡張薬とステロイド薬です。気管支拡張薬は気管支を拡張させて、気管支の空気の通り道を広げる方法です。ステロイド薬は即効性はない、毎日使用することで炎症を抑えていく治療方法です。しかし、気管支拡張薬は根本的に気管支の炎症は取れていない、ステロイド薬は気管支拡張薬の使用で心臓発作を起こして死亡してしまう副作用を避けて、更に気管支の炎症をとることができると認められています。それで、ステロイド薬は喘息治療の第一選択薬とされています。